産業・食文化

島原鉄道
参考図書はこちら


 
郷土料理
参考図書はこちら 


 
そうめん
島原手延べそうめんは南島原市の特産品です。現在約360事業所がありほとんどが  西有家・有家地区に集中しています。島原手延べそうめんは旧西有家町須川地区を中心に生産されていた「須川そうめん」から発展し確立していったブランドであり、「須川そうめん」がいつ頃、どのように伝わってきたのかは色々な説があります。「須川そうめん」がこの地を発祥とし発展していった背景には
①有馬藩当時から海上輸送が発達していたこと
②深江地区で良質な小麦が生産されていたこと
③南有馬地区に塩田があったこと
④そうめん作りに適した気候
⑤雲仙山系の豊富な水
これらの条件があったからだといわれています。
参考図書はこちら
参考雑誌「麺業界」はこちら
参考雑誌「麺の世界」はこちら